オキシリンクSPスプレーと次亜塩素酸水の違いについて

オキシリンクSPスプレーと次亜塩素酸水の違いについて

この度の次亜塩素酸水に関する製品評価技術基盤機構(NITE)の発表に伴いまして、弊社製品「オキシリンクSPスプレー」へのご質問をいただきました。

つきましては、その違いについて下記にご案内させていただきます。

《オキシリンクSPスプレーと次亜塩素酸水の違い》
◆オキシリンクSPスプレー ● 原料 食品添加物(次亜塩素酸カルシウム、塩化ナトリウム、塩化マグネシウム、水酸化カルシウム、塩化鉄)を特許製法による混和 ●成分 酸素他ミネラルイオン
◆次亜塩素酸水 ●原料 塩酸または食塩を電気分解 ●成分 次亜塩素酸

オキシリンクSPスプレーは酸素を利用した水溶液であり、塩素濃度を低く抑えて金属の腐食性や色落ちなどを低減する製品です。

今回、製品評価技術基盤機構(NITE)でコロナウイルスに対する効果判定試験を行った次亜塩素酸水とは異なります。
除菌・消臭力及び安全性については自社試験により確認しております。安心して環境衛生にご活用ください。