急性吸入毒性試験(安全性試験)

加湿器使用の安全性を検証するために、マウスによる急性吸入毒性試験を実施しました。

通常、加湿器には薄めてお使いいただくようにお伝えしていますが、今回は薄めずに試験しました。

間欠モード(1分動作3分停止)を7時間の連続暴露を1回行い、

その後14日間の一般状態の観察、体重ならびに摂餌量を測定しました。

 

結果、異常は認められず、肺の病理組織学的検査においても変化が見られませんでした。